未分類

Leica BLK360 イメージングレーザースキャナー

       〜市場で最小・最軽量のイメージングレーザースキャナー〜

いつも弊社ブログをご覧頂きましてありがとうございます。

今回の記事では、前回の固定式レーザースキャナー・GNSS・UAVレーザーに続きまして、LeicaからBLK360イメージングレーザースキャナーのご紹介をさせて頂きたいと思います。

前回のブログ記事では固定式レーザースキャナーのポータブル化について少し触れましたが、今回は主に屋内測量に適したLeica BLK360イメージングスキャナーについてご紹介させて頂きます。

今回は冒頭で商品スペックについてご紹介させて頂き、その後実際に弊社の近くで実際に計測したデーター等具体的にご紹介させて頂きたいと思います!

・Leica BLK360の長所

・実際の計測データーのご紹介

の順にご紹介させて頂きます!

BLK360は、360°のレーザー距離計と高解像度パノラマイメージングを用いて、空間の3D点群データを生成する非常にコンパクトなイメージングレーザースキャナーです!使い方も簡単で、どこにでも持ち運べるほど小さなサイズです。安全なWifiデータ転送システムと充電式リチウムイオン電池。スキャンは数分以内に完了します。

・Leica BLK360の長所について

①ポータブル:大人の手のひらに乗るサイズで、携帯性に優れている←建設土木現場での使いやすさ重視!

重量約1kg、直径100mm、高さ165mmと非常にコンパクトでポータブル性に優れている商品です!

②スピーディ:TOF方式をベースとしたWFD技術(ウェーブフォームデジタイジング)を採用!

③使いやすさ:ワンボタンでスキャン開始

④データ互換性:Autodek ReCap Proとコラボレーション

Recap Proのモバイルアプリを使用する事で、iPadに画像と点群データをストリーミングする事が出来ます。このアプリはスキャンデータをリアルタイムでフィルター処理や合成処理を行います。キャプチャ作業後、ReCap Proは様々なCAD、BIM、VR及びARアプリケーションに点群データを転送出来ます!

・実際の計測データーのご紹介

今回、実際に「Leica BLK360」を使用して公園・弊社事務所・事務所近くの神社鳥居の3か所を計測して見ましたので、そちらもご紹介出来ればと思います!今回はいずれも3器械点で計測を実施しました。一部実際の写真と計測によって撮れた点群データの比較をご紹介したいと思います。

点群密度は高、写真、HDR有で計測しました。1器械点ごとの計測時間は6分10秒なので、計測のみなら18分30秒、器械移動含めても約20分で計測が出来ました。

①事務所近く公園(実際の写真と点群データーの比較)

②事務所写真の点群データー

③事務所近くの神社鳥居の点群データー

を以下でご紹介していきたいと思います。

(公園の実際の写真と点群データーとの比較)

・実際に計測した公園写真①

・計測後の点群データー①

・実際に計測した公園写真②

・計測後の点群データー②


・実際の計測した公園写真③

・計測後の点群データー③

続きまして弊社の計測後の点群データーです。

・事務所正面

・事務所 左側

・事務所 右側

神社鳥居の計測後の点群データ

・神社正面

・神社左側

・神社裏側

基本的にはタブレットで計測時の詳細設定や計測スタートを操作するのですが、事前に社内で計測の詳細設定をしておき、BLK360と三脚のみで計測を持参し計測を行いました。その為、現場では電源が入っている状態で、電源ボタンを押すだけで計測が出来ました。

計測後は事務所でBLK360本体からPCの「Cyclone REGISTER360」へ、もしくはタブレットを経由してからインポートする事が出来ます。データ量にもよりますが、今回計測したデータは、タブレットからPCで約13分、本体からPCで約17分かかりました。

以上の様に、軽作業でもご覧の様な点群データーを取得出来ます!軽量でポータブル性に優れており操作も非常に容易にも関わらず、十分すぎるデーターを取得することが出来ます!ロングレンジで計測を使用しない土地家屋調査士の方や、レーザースキャナーを使用する現場によっては、コンパクトで簡単なBLK360は非常におすすめの出来る商品となっております!

-未分類

Copyright© 横浜測器株式会社 ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.